矯正歯科|綾瀬で歯医者をお探しならたかなし歯科医院へ

矯正歯科

ORTHODONTIC

「噛み合わせ」から考える歯科矯正

当院の歯科矯正は見た目よりも噛み合わせを重視して治療を行います。噛み合わせに問題があると歯科医師が判断した場合は矯正歯科をご提案しております。
噛み合わせの悪さは将来的に見れば歯を失う原因になりかねません。歯科矯正を行うことで全ての歯をバランスよく使えるようにしてあげましょう。

「噛み合わせ」を考える理由

部分的に大きな負担がかかってしまいます
噛み合わせが悪く使えていない歯があるということは、一部の歯に大きな負担がかかっているということです。
ダメージは蓄積されていき、歯を失うリスクが高まります。
将来的に見ると経済的にも○
噛み合わせが原因で歯を失ってしまったときの治療費を考えると、歯科矯正の方がはるかに経済的負担を抑えることが出来ます。
見た目よりも機能面
噛み合わせは見た目ではわかりません。見た目では綺麗に生えそろっているように見える歯列も矯正が必要な場合があります。是非一度歯科医師にご相談してください。
TYPE

歯科矯正の種類

子供の歯科矯正

お子さんの矯正治療は『咬合誘導(第1期矯正治療)』が基本、骨格変化が著しい成長期に入る前のお子さん(5歳~9歳前後)を対象としています。
矯正治療を行うことで、永久歯が生えてくる隙間を確保し歯並びの悪化も防止します。

大人の歯科矯正

大人の方の場合、顎骨の成長が終わっていることが多いため、お子さんの治療とは違い時間がより必要となったり、抜歯して揃えるなどの治療となることもあります。

大人になって発症する歯周病が重度に達していたり、歯に欠損部位があるなどのときは、そちらの治療を優先します。

また、骨粗しょう症の方や歯根の長さが短い方、矯正器具に使用される金属やゴムに対するアレルギーをお持ちの方などは、問題点をクリアするような方法を使って行うこともあります(患者さんの状態に寄って異なります)。

しかし、基本的には歯根膜が健全であれば何歳になっても矯正治療は可能といえます。