むし歯が痛いのはなぜでしょう?|綾瀬で歯医者をお探しならたかなし歯科医院へ

歯科コラム

むし歯が痛いのはなぜでしょう?

こんにちは。たかなし歯科医院です。

むし歯になると、痛みを感じます。

痛みは歯髄という歯のなかにある部分で感じます。

人間の皮膚などにある知覚は、冷たい、温かいなど、細かく感じますが、歯髄では、すべての刺激が痛みとして感じるようになっています。

なので、冷たいものや熱いものを、歯髄で感じると、すべて痛みとして感じてしまいます。

 

xf3935090791l-1024x492

 

歯はもともとはエナメル質という硬い層に守られています。

エナメル質には基本的に知覚はありません。

エナメル質の内側には象牙質という層があります。

その下に歯髄があるのです。

象牙質と歯髄は接しており、象牙質は刺激を受けると痛みとして感じることがあります。

それは、歯髄と接しているためです。

なので、象牙質までむし歯が進行すると、そこから冷たいものや熱いものの刺激が歯髄へ伝わり、痛みとして感じます。

この段階で処置を行うと、歯髄(神経)の処置はせずにすませることができる場合が多いです。

そのままむし歯を放置すると、むし歯はどんどん進行して、ずきずきと痛くなっていくる場合があります。

そこまで、放置すると歯髄(神経)まで処置をしないと痛みをとれない可能性が高くなります。

なので、そこまで放置する前に治療をすることをお勧めします。

 

 

小児歯科のご案内はこちら

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
たかなし歯科医院

http://www.takanashi-shikaiin.com/

住所:〒120-0005 東京都足立区綾瀬2-33-1
アンティニティアヤセ1F
TEL:03-6662-4930
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー