歯周病の治療法|綾瀬で歯医者をお探しならたかなし歯科医院へ

歯科コラム

歯周病の治療法

c02-03

 

歯周病は、毎日のご自宅での適切なブラッシングケアと、医院でのPMTCを中心とする予防が基本となりますが、それでも歯周病になってしまったときは「スケーリング・ルートプレーニング(SRP)」などの治療を行うことで症状の改善を図っていきます。

 

しかし中度~重度の歯周病となり、歯周ポケットが改善せずにプラークコントロールが十分にできない場合は「外科的治療法」により歯石を除去します。

 

 

 

 

スケーリング・ルートプレーニング
歯周病治療の最も基本的なものが『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』と言い、歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を取り除く治療法です。
歯周ポケットが深いところには 歯肉の下に毒素の詰まった歯石がついていますので、歯石や細菌を専用の機械で徹底的に除去し根面の汚染物質を取り除いていきます。

 

歯周外科手術
 フラップ手術
歯周ポケットが深くまで進行している場合は、歯周ポケットを切除後に歯肉を歯槽骨から剥がし、歯と歯肉の間に溜まっている歯石や細菌を除去してから歯肉を縫合する治療を行います。

 

 組織再生誘導(GTR)法
組織再生誘導法(右イメージ図)は、フラップ手術後に顎骨が薄くなった部分にGTR膜を設置することにより、歯周組織の再生を期待する治療法です。

 

 エムドゲイン法
ゲル状の製剤(エムドゲイン)を用いる治療法で、薬剤の成分が歯周組織の再生を誘導するとともに、上皮細胞の増殖・侵入を抑制する効果があると考えられています。

カテゴリー