インプラント治療について|綾瀬で歯医者をお探しならたかなし歯科医院へ

歯科コラム

インプラント治療について

c05-01

 

インプラント治療は、虫歯や歯周病などが原因で失われた歯の無い部分に、インプラント(人工歯根)を埋め込みます。

 

インプラントは埋め込むチタン製の歯根部がしっかり顎骨と結合しますので、天然の歯と同じような構造で天然の歯のような自然な感覚が甦ります。

 

インプラント治療は健康な歯を削る必要がないので、失った歯の部分を補うには最良の方法といえます。

 

歯を失った場合、従来の治療では「ブリッジ」か「入れ歯」しか選択肢がなかったのですが、ブリッジを装着するには健康な隣接歯を削り固定する必要がありましたし、入れ歯は固定式でないためしっかり噛めないなどのデメリットがありました。
しかし、インプラントなら健康な歯を犠牲にすることなく自然の感覚が戻り、しっかりと噛め、食べ物が美味しくいただけます。

 

 

 

 

■インプラント

p13-imp01

  • 自分の歯と同じように噛め、見た目も良く、違和感が全くありません。
  • インプラントを埋入するための簡単な手術が必要です。
    自費のため健康保険は適用されません。

 

 

 

■ブリッジ

p13-imp03

 

  • 自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません。
  • ブリッジを固定するため、両隣の健康な歯を削る必要があります。
    セラミックなどの白いブリッジは健康保険適用外です。

 

 

 

■入れ歯

p13-imp02

 

  • 口の中の型を採る程度の比較的簡単な治療ですみます。
  • 硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労したり異物感を感じる人もいます。
    チタンなどの金属床は健康保険適用外です。

カテゴリー